関本優人

福岡営業所 主任 入社歴 9年

一つひとつの出会いと経験を大切に

関本優人

文系の私が見つけた、ものづくりに携わる仕事

学生の頃、ものづくりに関わる仕事がしたいと考えていた私。とは言えども、文系出身で専門的な知識や技術がないので、どのような会社があるのか模索していました。
そんな思いを抱きながら赴いた会社説明会で、宇野株式会社を初めて知ることになりました。ものづくりには欠かせない精密測定機器を専門に扱う卸商社ということを知り、この会社でならば現段階で専門的な知識がない私でも、ものづくりに携わることが出来るのでは、と思ったのです。
他社からの内定もあり迷いや不安も感じていたのですが、説明会から感じられた、会社や社員の方々の雰囲気も明るく楽しそうな印象が決め手となり入社を決めました。
入社後は、新しく知ることばかりで覚えることがたくさんありましたが、覚悟していたことなので、測定機器のことを知って、ものづくりに関われることが嬉しかったですね。

関本優人

納入までのスピードが強み

私は福岡営業所で外勤営業として勤務をし、営業活動として日々得意先様のもとへ訪問しています。当社のような卸商社は数社ありますが、その中でも納入までのスピードが強みの一つであると自負しています。よく売れる製品や納期がかかる製品は当社で在庫を持っていますし、1,000社以上の仕入先様と密なお取引があるからこそ、納期の交渉もスムーズに行うことができます。
時には、上司に掛け合ってもらったり、他の営業に協力してもらったりと、縦と横の繋がりがあることも当社の強みです。
今後は福岡営業所を盛り上げるために、自分の担当地区の売上を伸ばさなければなりません。現在は主任としての立場もあるので、後輩のために指導を行いつつ、成長を見守っています。「測定と言えば関本」と思ってもらえるように今も邁進中ですので、後輩の指導を通して自分自身一回りも二回りも成長していきたいですね。

魅力的な出会いは、営業ならではの特権

当社で得られる出会いは大きく分けて3つ、社員との出会い、仕入先様との出会い、お客様との出会いです。
大阪出身の私が福岡配属になり働き始めた頃、土地勘もなく知り合いもいない中で、仕事を通じて出会った方々にどれだけ救われたことか……。プライベートでも親しくしていただき、友達と呼べるほど交流を深められる機会も多くありました。中には結婚式に呼んでいただけるまでの良い関係性を築けた仕入先様もあるほどです。こんなにも素敵な縁が広がるのは、営業という仕事の特権だと私は思います。
入社前は必要な資格や専門知識のことを気にしていた私でしたが、今は自分らしさを大切にしながら楽しく働く毎日です。皆さんも得意分野や自分の好きなことをもっと磨いてみてください。きっとその先に、独自のやり方を見出した充実した働き方を生み出すことが出来るはずですよ。

関本優人

インタビュー

Copyright © UNO.,Inc All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る