澤 篤哉

南関東営業所 入社歴 4年

プロフェッショナルな仕事を目指して

澤 篤哉

測定機器の世界は今でも奥が深い

宇野株式会社に出会ったのは大学の合同企業説明会でした。その時、言っていた「宇野株式会社は測定機器しか販売していない」という言葉が一番印象に残っています。そもそも測定機器とはなんなのか疑問に感じたと同時に、それだけで成り立つ商売に対してすごく興味が沸きましたね。詳しく話を聞くと、1,000社以上の仕入先があり、取扱商品数が多いことから高い専門性が求められる仕事だと分かったのと、専門性が強いこの会社では入社時のスタートラインが皆同じで自分自身のガンバリ次第で成長できると考えて入社を決めました。
それから入社して4年が経った今、測定機器で測れないものなどないという気持ちで働いていますが、測定機器の世界は奥が深く、今でも知らないことが多いのでまだまだ勉強の毎日です。でも不思議とそれが苦ではなく面白いと感じるのは、たくさんの測定器に触れ、お客様やユーザー様のお困りごとが解決できたり、新しい発見が自分の知識となるからですね。
お客様に「測定機器のことなら澤君に聞こう」と思ってもらえるように今も日々勉強中です!

澤 篤哉

頼られる営業となるための付加価値

営業活動における1日の時間の組み立て方は、人それぞれですね。担当のお客様の都合に合わせて訪問をしているので、外出するタイミングや社内での内勤業務に割く時間は日によって異なります。
営業の仕事としては、お客様から製品の問い合わせやお悩みを伺ったり、要望を聞き出した上で、製品を選定して提案をする、そして受注に繋げるといった流れです。そんな日々の業務を通して学んだことは、自分から積極的に動く姿勢の大切さです。
お客様にとっては問い合わせに対して正確に答えることは当然のことなんですよね。それ以上に、見積もり案件のフォローや細かい納期確認に始まり、新製品やユーザーのニーズを想像し提案する、ということが営業としての付加価値であると私は思っています。
というのも、最近はインターネットで調べれば簡単に答えが分かり、また簡単なものであればオンラインショップで買うことができますよね。私たち営業がインターネットに勝つ、そしてさらにはライバル商社に勝つためには、お客様に頼られ、一番に声を掛けてもらえるようにならなければなりません。
言われたことに応えるだけで精一杯な時もありましたが、今は積極的に提案、フォローすることでより一層営業としての価値を高めていきたいと思っています。

深い信頼関係を築きたい

私たちが取り扱っている測定機器は、お客様を通じてユーザー様のもとに届くので、普段はユーザー様の声を聞いたり、直接お顔を見る機会はありません。
しかしまれではありますが、お客様からユーザー様に直接電話をしてほしい、訪問してほしいと依頼を受けることがあります。
知識を持っているメーカー様ではなく、私に代理を依頼して下さるということは、日々の営業活動を通して築いたお客様との信頼関係が成り立っているからこそだと私は考えています。
私個人的にはユーザー様を訪問する貴重な機会を今後も増やしていきたいと思っています。そのためには今後も測定機器の専門商社の社員として、“広く深く”知識を習得し、測定に関する問い合わせに対しスマートに対応できるようになり、先輩方のようにお客様との信頼関係を深く築いていきたいと思います。

澤 篤哉

インタビュー

Copyright © UNO.,Inc All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る