ビット付きねじゲージ
タップ穴検査の効率アップ
 第一測範製作所(本社 新潟県小千谷市)は、ビット付きねじゲージを2021年7月1日から発売している。

 ゲージを手で回して行うタップ穴検査は、検査数が多くなるほど検査者への負担が多くなり効率が悪い。

 ビット付きねじゲージは、ねじプラグゲージのシャンク部にビット加工を施して、ワンタッチで電動ドライバーに取り付けができるので、ねじゲージの「挿入」「取り出し」の時間削減になり工数の大幅削減が可能になる。

【特長】
① シャンク部にビット加工を施したビット付きゲージ
② ワンタッチで電動ドライバーに取り付け可能
③ 「挿入」「取り出し」の時間削減により工数の大幅削減

【仕様】


【動画】
商品動画はこちら

【価格】
オープン価格