木材水分計
片手で簡単。傷あとも残さない
 ケツト科学研究所(本社 東京都大田区)は、木材水分計「HM-540」を2021年8月2日に発売した。

 「HM-540」は、木材表面を傷つけることなく、軽く押し当てるだけで測定できる高周波容量式の水分計である。

 建築用の製材が内部まで乾燥するには相当な時間を要するが、表面だけの乾燥状態で判断すると、反りや仕上げ寸法の狂いなど、さまざまな問題が発生する。
 このようなとき、木材内部までの水分を測ることができる本製品「HM-540」が必要となる。

 さらに、家具や楽器用の高級乾燥木材など、表面に傷をつけたくない場合や、低水分の木材を測定したいときなどに、本製品の測定方式はきわめて有効である。

 「HM-540」は、業界で普及している従来器「HM-520」の機能に加え、水分値補正機能、データ保存出力機能、統計機能、オートホールド機能が追加され、画面サイズは大きく、バックライトが搭載され、筐体とスイッチは人間工学に基づいて再設計するなど、さらに使いやすい器械となった。

【特長】
① 小型・軽量のハンディタイプ
  水分検出部を空中に向けて電源を入れ、対象に押し当てて測定する。
  一連の測定動作すべてを片手で、確実・簡単に行うことができる。
② 水分補正機能
  産地による比重の違いに合わせ、補正を行いたい場合等、表示値に対して
  1次式(ax+b)での補正を行うことができる。
③ 測定結果ホールド機能
  画面が見えにくい角度でも、ホールドキーを押して測定結果を保持することができる。
  なお、キーを押さなくても固定表示できるオートホールド機能も搭載している。
④ バックライト付き液晶画面
  従来器「HM-520」に比べ画面サイズが大きくなり、新たに搭載されたバックライト
  コントラスト調整機能により、暗い場所での水分測定が容易にできるようになった。
⑤ データ保存、統計計算機能
  測定データを999点まで保存し、保存したデータを水分計画面上で確認することが可能
  である。
  統計計算機能により、指定した測定データの最大、最小、平均、標準偏差も算出できる。
  保存データはオプションのデータロガーソフト「HDL-02」を用いて、測定データをPC
  に出力することもできる。

 

【仕様】
・測定方式: 高周波容量式(20MHz)
・測定対象: 木材
・測定範囲: 2~150%(ただし比重、樹種により異なる)
・測定精度
 標準誤差: 0.5%以下(当社標準試料スギ・ヒノキ20%以下)
 乾燥法: JIS Z 2101:2009
・データメモリ数: 999点
・補正機能 厚さ: 10~40mm
      比重: 0.1~1.25(設定値は3つまで保存可能)
      水分: 傾き(0~2.50)、切片(−9.9~9.9)
      温度: 自動(10~40℃)、手動(−10~70℃)
・その他の機能: 統計計算、オートホールド、オートパワーオフ、上限アラームなど
・表示: 128×64ドットマトリクスLCD
・電源: 電池9V(006Pアルカリ)×1
・消費電力: 350mW
・寸法・質量: 72(W)×146(D)×118(H)mm、約0.39kg
・付属品: 電池9V(006Pアルカリ)×1、キャリングポーチ

【価格】
HM-540 = 138,000円(税抜)