おすすめ商品のご紹介 

       

 測定ニュースをご覧頂き誠に有難うございます。
 宇野株式会社 仙台営業所の中村と申します。

 今回私がご紹介させて頂きます商品は、株式会社アイゼンの「ワンウェイねじゲージSPO シリーズ」と「ワンウェイねじゲージSPO シリーズ」でございます。

<ワンウェイねじゲージSPO シリーズ>
 2→1アクションの測定により作業効率が向上します。
 従来のプラグゲージによる通り・止りの2回測定に対し、1アクションでの測定が可能になるため作業効率が向上します。
 通り側ねじプラグゲージ部が無理なく挿入でき、ストッパ端面までで止れば合格と判定できます。
 通り側がガイドになっているため、止り側の誤判定を防止できます。

【特長】
 ハンドル部は締めすぎ防止のためラチェット機構になっています。
 素材はゲージ鋼(SKS3,HRC58以上)を使用しており、耐摩耗性に優れています。ユーザーの信頼と安心にお応えするため、検査成績表が付属しております。

【使い方】
 通り側ねじプラグゲージ部がねじ穴に無理なく挿入できストッパ端面までで止まれば合格と判定します。
 通り側挿入不可⇒不合格  テーパ部でストップ⇒合格  ストッパ端面まで到達⇒不合格

<ねじ深さゲージSPDシリーズ>
 ねじの深さ測定とねじ穴の通り検査を同時に行える革新的な製品です。
 検査の作業効率を大幅に改善します。
【特長】
 軽量でコンパクトな本体に検査機能がギュッと詰め込まれています。
 これまで、ノギスとプラグゲージを持ち替え持ち替えしていたので、スタイリッシュなこの「ねじ深さゲージSPD」を一度使ってみれば、コンパクトさもさることながら倍以上になる作業完了スピードに驚きます。
 軽量&コンパクト設計で、工程内での使用に最適です。

【使い方】
 通常ねじ穴の測定を行う場合、ねじプラグゲージをノギスで測定し、ねじ穴に挿入、デプスバーで計測という流れで行うかと思いますが、ねじ深さゲージなら、ねじ穴に挿入するだけで完了。
 簡単爆速に1本で計測が完結してしまいます。

 ご興味が御座いましたら、是非お近くの弊社営業所へお問い合わせ下さい。