電磁式膜厚計
ASTM 、ISOなどの海外規格にも適合
 サンコウ電子研究所(本社 神奈川県川崎市)は、アナログタイプ 電磁式膜厚計「Pro-S」「Pro-W」 を、2021年7月1日に販売した。

 電磁式膜厚計とは、鉄素地※上の塗装、ライニングなどの絶縁性皮膜やメッキなど非磁性金属皮膜の膜厚を非破壊測定する機械である。
※鋼・フェライト系ステンレス(SUS430など)を含む

 国内の各公団、団体、官公庁、研究所、各種法人などの規格、内規、基準ならびに ASTM 、ISOなどの海外規格にも適合する2点調整方式を採用している。

【特長】
① 伝統のアナログメーター式
  測定厚が直感的に判読できる。
② コンパクトボディ
  より一層の小型化を達成。(容積比 90%)
③ 0~5mmワイドレンジ
  薄膜塗装からライニングまで幅広く対応。
④ 特殊磁極プローブ
  CVD磁極により高い耐摩耗性を実現。
⑤ ダイヤルカバー標準装備
  思わぬ接触による調整点のズレを防ぐことが可能。
  (注) 温度差や使用環境によるメーター指針のドリフトを防止するものではない。

【仕様】


【価格】
Pro-S = 140,000円(税抜)
Pro-W = 140,000円(税抜)