減圧超音波洗浄機
減圧で微細孔・袋穴にも超音波を届かせる
 本多電子(本社 愛知県豊橋市大岩町小山塚20)は、減圧超音波洗浄機「WV-231-S1」を、2021年6月7日から発売している。

 「WV-231-S1」は卓上型減圧超音波洗浄機「WV-231S」のモデルチェンジ品で、洗浄槽内を減圧することで、従来の超音波洗浄機では洗浄しきれなかった微細孔・袋穴の洗浄に有効である。

 一般的な超音波洗浄機では、微細孔や袋穴内部に滞留した気泡が原因で超音波が内部まで届かず充分な洗浄効果を発揮しづらい。

 従来機「WV-231S」は、洗浄槽内部の圧力を下げること(減圧)で微細孔・袋穴内部に滞留した気泡を抜き、超音波を内部まで届かせることが可能だったが、「WV-231-S1」は、減圧サイクルを選択できるよう改良を行い、対象の洗浄ワークや汚れに合った減圧サイクル選択することで、より良い洗浄効果が期待できる。

【特長】
① 微細孔や袋構造の内部まで洗浄効果あり
  洗浄槽内を減圧すると洗浄ワークに残った気泡が膨張し、微細孔・袋穴から溢れ液面に
  浮き上がりやすくなる。
  次に洗浄槽内部の圧力を戻すと、残った気泡の体積は小さくなるため、洗浄ワークには
  減圧前よりも洗浄液が充填され、超音波を内部まで届かせることができる。
② 洗浄時間の短縮
  減圧と常圧を自動で繰り返すため、汚れの剥離がスピーディー。
③ 減圧サイクルを2種類から選択可能
  従来機の減圧45秒/常圧15秒に加え、減圧90秒/常圧15秒の減圧サイクルを実装。
  減圧時間を長くすることで、 従来機より減圧力を高め、より微細孔・袋穴の気泡を抜く
  ことが可能に。

【仕様】

・最高使用液温度: 70℃
・振動子: ボルト締めランジュバン振動子
・タイマー: 0~60分(1分単位)
・減圧/常圧切替・減圧性能:
  ①  1サイクル 減圧90秒/常圧15秒 最大 -80kPa
  ②  1サイクル 減圧45秒/常圧15秒 最大 -75kPa
・電源コード長: 2m
・材質: 槽:SUS304、フタ:SUS304
・オプション品: 洗浄カゴ(KG15F)、ビーカーラック(BR06)

【価格】
WV-231-S1 = 759,000円(税込)