CNC画像測定機
輪郭形状を高精度かつ高効率で測定
 ミツトヨ(本社 川崎市高津区坂戸1-20-1)は、CNC画像測定機のラインナップに新たに「MiSCAN Vision System(マイスキャン ビジョンシステム)」を、2018年11月1日に発売した。

 『マイスキャン ビジョンシステム』に、自動車電動化や自動運転技術に不可欠なセンシング技術など近年急速に高まる微細加工技術に伴い、微細部品の輪郭形状を高精度かつ高効率で測定したいという要望に応えるため、小径倣いプローブ「MPP-NANO」を同時に開発した。

 2018年11月1日(木)~6日(火)、東京ビッグサイトで開催された「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市 (ミツトヨ・ブース 東7ホール 小間No.E7119)」に出展。

【特長】
① 接触式倣いプローブのサポート
  「マイスキャン ビジョンシステム」は、倣いプローブによる輪郭形状測定を知り尽く
  したミツトヨ製三次元測定機をベースとして、CNC画像測定機「クイックビジョン」で培っ
  た画像測定機能を搭載したハイブリッド測定機である。
  微細部品計測に不可欠な画像測定機能と接触式倣いプローブの組み合わせにより高精度、
  高効率測定を実現。
② 小径接触式倣いプローブ「MPP-NANO」のサポート
  新開発の接触式倣いプローブ「MPP-NANO」は先端球径125µm、300µm、500µmの
  スタイラスにより微細部品を低測定力かつ高精度に倣い測定を行う事が可能。
  また、画像測定機能と組合せることで、目視による測定が難しい狭小部位でも正確な
  位置決めを行い狙い込み測定が可能。
③ レニショー社製SP25Mのサポート
  レニショー社製スキャニングプローブ「SP25M」の取付けも可能で、スタイラスチェ
  ンジャー「FCR25」(オプション)の搭載など汎用性の高い画像複合測定機としても
  導入可能。