ワイヤレス呼び出し装置
生産ラインで発生したトラブルの即時対応や分析に最適
 ヘルツ電子(本社 静岡県浜松市北区豊岡町62-1)は、離れたヒトやモノの呼び出しを支援するワイヤレス呼び出し装置「WCL-426R(日本市場向け)/WCL-920R(北米市場向け)」を2018年9月3日に発売した。

 ワイヤレス呼び出し装置は、「生産ラインで発生したトラブルに即時対応したい」「生産ラインで発生したトラブル履歴を分析したい」というユーザーに最適。

■LAN接続タイプ アンドン用受信機
WCL-426R(認証取得国:日本) / WCL-920R(認証取得国:アメリカ、カナダ)
「作業者からの生産ラインの遅れ防止のためのリリーフマンの呼び出し」、「供給部品切れ防止のためのフォークリフト・無人搬送車(AGV)・トラック等の搬送車の呼び出し」や「無人搬送車(AGV)・加工機等の機械からの異常通知」といった生産ラインのトラブル発生連絡をワイヤレスでリアルタイム受信し、LAN経由で外部出力が可能。
PC・タブレット・クラウド上のアプリケーションで、生産ラインのトラブル発生情報を活用・分析することで、生産ラインの稼働状況の可視化や生産ラインの改善に役立てることができる。

<作業者や機械からのトラブル発生連絡をリアルタイム収集>
「WCL-426R/WCL-920R」は、生産ラインの作業場所や機械に設置された送信機「AN426TⅡ/AN920T」から送信されるトラブル発生連絡をワイヤレスでリアルタイム受信することができる。

・送信機には、作業者がトラブル発生を連絡するための押しボタン4点と、機械がトラブル発生を連絡するための外部入力4点の2種類の入力方法があり、いずれかを選択可能である。
 各色は、生産ラインで発生しうるトラブルに合わせて、「赤:異常発生」「オレンジ:生産部品切れ発生」「緑:生産完成品運搬の依頼」「白:トラブル解消」といった意味を持たせて運用することができる。

・「WCL-426R」 1台につき、最大800台の送信機とワイヤレス通信可能であり、1工場内で最大10台の「WCL-426R」を共存可能。
 つまり、1工場内で最大8,000か所からトラブル発生連絡の収集が可能である。

 一方、「WCL-920R」は、1台につき、最大800台の送信機とワイヤレス通信可能であり、1工場内で最大16台の「WCL-920R」を共存可能。
 つまり、1工場内で最大12,800ヶ所からトラブル発生連絡の収集が可能である。

<生産ラインのトラブル発生情報をLAN経由で外部出力>
 WCL-426R/WCL-920Rは、受信したトラブル発生連絡をLAN経由で外部出力が可能です。PC・タブレット・クラウド上のアプリケーションで、生産ラインのトラブル発生情報を活用・分析することで、生産ラインの稼働状況の可視化や生産ラインの改善に役立てることができる。

<無線アンドンAN426Ⅱ/AN920と連携可能>
 生産現場に無線アンドンシリーズAN426Ⅱ/AN920が導入されている場合、設置済みの送信機AN426TⅡ/AN920Tをそのまま利用できる。

■生産工程支援ソフトウェア for WCLシリーズ WCL plus
トラブル発生のトレーサビリティ確保をしたいお客様は、Windows対応アプリケーション「生産工程支援ソフトウェア for WCLシリーズ WCL plus」を利用すると、トラブル発生履歴をCSV形式で保存することができる。

【仕様】


Back Number -414号掲載分-