気温のはかり方と注意点
気温とは空気(大気)の温度のことをいい、気候を構成する要素の1つでもあります。

気温をはかる際には温度計を使いますが、はかる場所やはかり方には気象庁により規定があります。
ここでは気温をはかる際の約束事を説明します。

<気温をはかる場所>
気温は部屋の中と外で違いがあり、部屋の外でも地面のすぐそばと少し高い位置でも違ってきます。
また、同じ高さでも草原の上と砂漠の上とでも気温が違います。

このように気温は場所によって違うので気象台でおこなう気象観測では世界中で決まった約束をしています。

それは、部屋の外の芝生を植えた広い平地で地面より1.5メートルくらいの高さで気温をはかるということです。
このような広い平らな芝生の地面があるところを露場とよんでいます。

どうして地面より1.5メートルくらいの高さかというと、人が立ったときに口や鼻で呼吸をする高さにあり、人の生活に関係が深いからです。

また、1.5メートルより低いと地面の影響を受けて温度がかわりやすくなるからです。


<気温をはかるときの注意>
気温を正しくはかるには、温度計を使います。
通常は板つき温度計という板のついた温度計を使います。

部屋の外で気温をはかるには、つぎの3つを注意することが大切です。

①太陽の光が直接温度計にあたらないようにする。
②風通しのよいところに温度計をおき、風がよくあたるようにする。
③雨や雪がかからないようにする。

上記①②③の条件で、温度計を吊り下げ5分間くらいそのままにします。
秒速3メートル以上の風が温度計にあたると早くはかる事ができます。

風のない状態で急いではかりたい時は、ウチワであおぐか温度計をふり空気にあてると同様の効果があります。

気温をはかる場所と気温をはかるときの注意点から、日本では古くから百葉箱を利用しています。

<百葉箱>
気象台や測候所でおこなう気象観測では、上記の①②③の条件を備えた特別な箱をつくって、その中で気温をはかります。
その箱を百葉箱と呼びます。

百葉箱は足のついた小さな箱で、四方をよろい戸で囲い、全体に白いペンキがぬってあります。
この中に温度計を吊るすと太陽光が温度計に直接あたらず、雨や雪がかかることもなく、よろい戸の隙間から風が自由に中を吹き抜けます。

※最近では百葉箱ではなく、強制通風筒を使って気温を測っています。
 強制通風筒とは、モーターを上部に内蔵し、空気を強制的に通風させて内部の温度センサーにて気温を測る装置です。

気温は生活の中で頻繁に目にする温度です。
夏には熱中症の危険度を気温から予測し、冬には道路が凍結するかどうかも気温から予測します。

この身近な気温も温度計や温度センサーで測定します。
正しく気温を測るために、正しい方法で温度計を設置して利用するようにして下さい。

Back Number -414号掲載分-