普通騒音計
JIS-C-1509-1(2017クラス2)に適合
 ソーテック(本社 大阪市淀川区宮原5-1-18)は、JIS-C-1509-1(2017クラス2)に適合した普通騒音計「TYPE1010」を2018年5月に発売した。

 「TYPE1010」は、環境騒音・交通騒音・工事騒音・作業騒音などに対応可能な普通騒音計である。

 約1ヶ月の測定にも対応し、分かりやすいユーザーインターフェースで直感的に操作可能である。

【特長】
① マイクロホンは本体と分離、延長して使用できる。
② 等価騒音レベル(Leq)、最大値(Lmax)、最小値(Lmin)などの演算値を同時測定できる。
③ 出力端子としてAC OUT(交流出力)端子、DC OUT(直流出力)端子を備えている。
④ 本体は簡易防水機能(マイクロホン部含まず)
⑤ 大きく見やすい液晶で113dB のワイドレンジ
⑥ 瞬時値のデジタル表示の他バーグラフでも表示させることでより感覚的に音の動きを
  把握できる。
⑦ 測定結果をSD カードに記録できる(オプション)
⑧ 豊富なオプションプログラムによりオクターブ・1/3 オクターブバンド実時間分析など
  様々な測定に対応できる。

【仕様】


【価格】
TYPE1010 検定無   170,000円
TYPE1010 検定付   186,000円
TYPE1010EX 検定無   220,000円
TYPE1010EX 検定付   236,000円
Back Number -412号掲載分-