金属検出機
金属異物を高感度で検出し、安全、安心な商品提供に貢献
 エーアンドデイ(本社 東京都豊島区東池袋3丁目23番14号)から好評発売中の、金属異物を高感度で検出する金属検出機「AD-4971」をご紹介。

 食品・医薬品・衣料品・化学原材料の製造・加工工程における異物の検出・除去は、PL法やHACCPの普及から極めて重要なテーマになっている。

 そのためには被検査品内の異物を検出し、異物混入を未然に防ぎ商品の品質を高めるための装置が必要である。

 「AD-4971シリーズ」は、異物の中で人体への危険性が高い金属異物を検出・排除できる産業用ベルトコンベアタイプ電磁式同軸型の金属検出機である。

【特長】
① 防塵・防水 IP65準拠
② 自動感度設定機能
③ 7インチカラータッチパネルで操作が簡単
④ HACCP対応
⑤ 本体メモリへ最大100件分の検査結果を記録可能な検査履歴機能USBメモリを装着する
  ことにより、記録件数を増やすことが可能
⑥ 取り外し可能なコンベアベルトで、清掃やメンテナンスが容易
⑦ 可変ベルト速度 10~60m/min
⑧ LAN通信が可能

【仕様】


≪高感度金属検出機能を生かした新たな応用例≫

 食品市場において、賞味期限が重要なファクターになっている。
 脱酸素剤(鉄系)は生産者に長く愛用されているが、鉄成分が大きく、金属検出機を通す際の大きな障害になっている。
 現状は脱酸素剤が入っているか否かの検査を金属検出機で行い、同時に金属異物の検出をするのは不可能な状態にあった。
 エー・アンド・デイが開発した高感度金属検出機では、脱酸素剤仕様も用意している。

・脱酸素剤の有無の検査と金属異物検出の同時検査が可能
・袋の中の脱酸素剤の位置により影響を受ける
 (脱酸素剤の固定により感度が上がります)
・脱酸素剤が入っている状態で、温度変化が有る場合は影響を受ける
 (温度は一定に保つ事をお勧めします)
・脱酸素剤入りの製品検査に必要な検出感度
 鉄・ステンレス φ2mm(0.033g){脱酸素剤の重量=1g以下にて}

  ※注意:商品によっては検出感度が変化することが考えられるので、メーカーへ事前にサンプルテストの
   問い合わせを推奨。


  

Back Number -411号掲載分-