CCFL冷陰極顕微鏡照明装置
観察者の目にやさしい照明
 カートン光学(本社 東京都台東区東上野1丁目27番11号)は、観察者の目に優しいCCFL照明装置「XR9480」を5月1日に発売した。

 CCFLとは、Cold Cathode Flourescent Lampの略称で冷陰極管とも呼ばれており、演色性が高く排熱が少ない、かつ寿命がLED照明のように長いため、交換を必要としない照明器具として利便性が高いという特長がある。

 従来使用されていたFLやFLRの蛍光灯と比較すると、20~30%の省エネルギーを有し、寿命が長いのでランプ交換の手間がない。

 規格が合えば他メーカーの顕微鏡にも取り付けができ、光の角度がなく均一に照射されるためハレーションが抑えられる。
 今までのLED照明にありがちな玉映りも避けられる。



【仕様】


【価格】
XR9480 = 28,000円
Back Number -411号掲載分-