超小型ウェイングモジュール
高精度と高速応答を両立
 エー・アンド・デイ(本社 東京都豊島区)は、高精度と高速応答を両立させる超小型ウェイングモジュール「AD-4430A」を9月25日に発売した。

 「AD-4430A」は、プロセス制御やコンスタントフィードウェア(CFW)の制御に適した、4-20mAアナログ出力のウェイングモジュールである。

 16bit分解能のD/Aコンバータを2チャネル有しており、それぞれ異なるデータやデジタルフィルタを設定できる。

 また、「ハイパフォーマンスデジタルフィルタ」を搭載することにより、被計量物の質量や流量の制御を高度化、さらに振動を除去する能力を格段に向上させているので、バイブレータで振動をかけながら計量する際や、昇降させたり撹拌させながら計量する際に有用である。

【特長】
① アナログ4-20mA出力2系統搭載
② 制御盤への組み込みに最適なDINレール装着タイプ
③ 流計演算機能を搭載
④ 1000回/秒の高速サンプリング
⑤ コントロールI/O(入力6点、出力8点)標準装備
⑥ USBインターフェイスにて、ファンクションの読み書きが可能

【用途】
・粉体計量ホッパータンクなど、バイブレータで振動をかけながら計量する際に
・定量供給装置や連続配合装置など、流量出力機能を使って計量する際に
・充填計量装置など、昇降させて計量する際に
・液体配合計量ホッパーなど、撹拌しながら計量する際に

【仕様】


【価格】
AD-4430A = 65,000円(税抜)