無線温度・温湿度ロガ―
離れた場所でリアルタイムの測定値監視が可能
 佐藤計量器製作所(本社 東京都千代田区神田西福田町3番地)は、最大60台のネットワーク通信が可能なデータロガ―「SK-L700Rシリーズ」を9月4日に発売した。

 「SK-L700Rシリーズ」は、最大60台のネットワーク通信が可能なデータロガーで、無線技術を用い、配線不要で離れた場所に設置した機器の設定・データ収集・リアルタイムの測定値監視が可能である。

 標準付属の解析ソフトウェアを使用することで、離れた場所から子機の設定や測定データのモニタリング、子機で記憶した測定データの収集が可能である。

 子機は温度タイプ・温湿度タイプの2種類、各子機専用のセンサは2種類(一体型・分離型)で用途に応じて選択できる。

 中継器は、親機と子機が障害物の影響などで無線が届かない場合に、通信距離や通信状態を改善することができる。

【特長】
① 無線到達距離
  遮蔽物のない見通しの良い屋外直線で約400m。(屋内の場合は約100m)
  障害物の影響で無線が届かない場合は、中継器を設置することで通信距離・状態の改善
  が可能。
② 最大60台のネットワーク通信
  親機1台に対し、中継器・子機合せて最大60台を同時接続できるので、施設・工場内
  など、広域な測定場所をカバーできる。
  ※最小のネットワークはパソコン、親機1台、子機1台 
③ データロガ―機能
  ・子機に最大16000ヶの測定データを記憶できる。
  ・記憶間隔は1秒~60分(13通り)から選択でき、記憶方法はワンタイム・エンドレスの
   2種類から選択可能。
  ・子機の電池が切れても、記憶した測定データは内部メモリに保持。
  ・子機に記憶した測定データは、microSDメモリカード(別売)にコピーも可能。
  ・離れた場所から子機の記憶データを収集することが可能なため、設置場所へ移動する
   必要がない。
  ・設定した時間に自動で記憶データを収集することもできる。
  ・記憶中に子機の誤操作で記憶が停止することを防止するためのキーロックが可能。
④ リアルタイム監視
  ・離れた場所から子機の測定データをリアルタイムで監視することが可能。
  ・子機に設定した上限値、または下限値を超えた場合、親機の警報出力端末から警報出力
   が可能。警報ライトやブザーを使用して警報の監視ができる。
  ・設定した条件(上限値、または下限値を超えた場合/電池残量警告 など)が起こった
   場合、事前に登録したメールアドレスに警報メールを送信する。

⑤ 防塵・防水機能
  温度タイプの子機はJIS C 0920「IP65」に準拠した防塵・防水構造。
⑥ 解析ソフトウェア
  ・ルート設定
   ネットワークを構築する中継器、子機をマウス操作で簡単に設定できる。
   中継器や子機の増設、ルートの変更も容易。
  ・子機との通信
   各設定、記憶データの収集、リアルタイム監視が可能。
  ・データ解析
   子機から収集した記憶データは、保存・印刷・各種解析が可能。



【価格】
SK-L700Rシリーズ(指示計のみ) = 16,000円(税抜)~